Time is Magic

141025a

まつもと市民芸術館でK.テンペストの演劇公演があり、それに関連して、松本市街地ではイベント『街に魔法があふれだす』を11月3日までやってます。

古道具燕さんには、うちの時計たちを展示していただいて、市民芸術館の中でやるテンペストマルシェでは、翻訳家の友人BRIDGEMANの魔法の代筆屋のイメージイラストを描かせていただきました。(英語のラブレターやファンレター、松本が魔法につつまれているこの機会にチャレンジしてみませんか?)

作業中、燕さんの奥の部屋の方からカッコいい時計がどんどん出てきました。(きっとあの奥の秘密の部屋には過去の世界と繋がっている扉があります。)古時計を全部チクタクさせて、時間の観念がなくなってしまう不思議空間を演出するも、さっそくセッティング中に時間の感覚が分からなくなり、時を忘れて、気がついたら明け方に・・・。

楽しいことをやっていると1時間が10分20分のように感じられたりもするし、辛いことをやっていると1時間が2時間3時間に感じられたりもしませんか。時間は伸び縮みしたり、人それぞれ速さも質も違うのかもしれません。

「そもそもこの世に時間などなくて、それは人間が勝手に作ったものだ。私は時計師だからそのことがよくわかる。」 スイスの時計師フランクミュラーの言葉。私たち人間は時の流れに、ただ印をつけているだけ。天才時計師の言葉だけに、説得力を感じます。

燕さんに入ると、ただでさえタイムスリップした感じがしますが、とくにこのチクタク音に包まれたマジックアワー(日没最中に数分程体験できる薄明の時間帯)は幻想的な空間です。ぜひ遊びに来てください。

『TIME is MAGIC 古道具 燕 × 山鳩舎』 10/25~11/3
古道具 燕
〒390-0807 長野県松本市城東1-5-18
TEL 0263-88-2177
OPEN 木金土日 13~18時
駐車場 1台分あり

141025b

2014-10-25 Event, Matsumoto