鳳山無線電信所

高雄の鳳山に、旧日本海軍の無線電信所がそのまま残されていると聞いて見学をしてきました。
この「鳳山無線電信所」は1917年に建設され、当時は「船橋無線電信所」と「佐世保無線電信所」と共に、日本三大無線電信所の一つだったそうです。1917年ということは来年で100年!こんな歴史建築が、当時のままの姿で台湾に残っていたなんて驚きでした。

「ニイタカヤマノボレ」の電文を発信したのは船橋無線電信所だったそうですが、ニイタカヤマも台湾の山「玉山」の旧称です。明治時代に富士山よりも高い「新しい日本最高峰」の意味で新高山と名づけられたそうです。

海軍鳳山無線電信所(国指定古蹟)
行き方は、高雄メトロ「鳳山國中」から歩いてすぐ。

text and photo by w.


2016-10-03 Architecture, Taiwan