Artist in Residence in 鳳山

アーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加するため台湾の高雄にきました。ネットで調べてみたら、アーティスト・イン・レジデンスとは、各種の芸術制作を行う人物を一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながらの作品制作を支援する制度のことだそうです。
昨年、高雄市で計画されていたこのプログラムに声をかけていただき、ふたつ返事で契約書にサイン。その後、無事に政府の審査が通り、9月から高雄市の鳳山区に滞在することになりました。滞在中に制作した作品は、高雄で展示される予定で、現地スタッフとスケジュールなどの打ち合わせをしています。

現地に到着した初日と2日目は、用意してもらったホテルに泊まりながら、これから滞在する家を決めるため、3軒ほど内見に連れて行ってもらいました。1つ目は台湾の一般的な一軒家。2つ目は元軍人住宅エリア。そして3つ目はかっこよくリノベーションされた古いビルでした。

text and photo by w.


2016-09-05 Taiwan